2017/07/10

Post

        

夏バテしないようにね。

category - 日常生活
2017/ 07/ 10
                 
あついあつい、って言っても、暑さから逃れることはできないのだけど。

さすがに昨夜は、エアコンかけたまま寝てしまいました。
夕方からエアコンを停めていたのですが、りっくんのカハカハが止まりません。
保冷剤を首に巻いたけど、すぐに融けちゃう。
23時でも、室温が28℃くらいありました。
しかも風が無くて湿度高く。

今日も午後から雨が降る予報だったけど、降ってない。
今夜も同じような感じなのかな・・・

体調を崩さないように要注意です。
ひともパグも。


メロン農家から、友人経由で届いたステキメロン。
頂くのが楽しみです。
いつも心に留めてくださってありがとうなのです。

zzlt3.jpg


お散歩は、朝のうちに。
明日以降雨予報なので、暑くて負担かもしれないけど、行っとこうってことで。
木陰だけをうろうろしました(笑

zzlt4.jpg

りっくん頑張る。
推定15歳の夏。

zzlt7.jpg



春から読んでいた空海の物語。
父の蔵書でした。
カビくさい本だけど、興味があった。

芥川賞直木賞の、直木さんって誰?って思ってた。
芥川龍之介の小説を読んだことはあっても、直木さんのは無かった。

直木三十五という小説家は、43歳で絶筆した。
昭和9年、この「弘法大師物語」を朝日新聞に執筆中のことでした。
85Pまでが直木三十五の筆によるもので、そこから残る3分の2は、朝日新聞本社の釈瓢斎という人が継いで書いたものなのでした。

直木の筆致には、勢いがあり荒々しい。
雑に感じるほどの凄味。
息せき切って読みたくなるような魅力がありました。
むしろ、釈瓢斎に変わってからは、知的理性的で(笑)面白くなかった。

文学と言うものは、そういうものなんだねぇ。

まぁ、弘法大師がどれだけの尊い人だったかは、よくわかりました。

直木三十五の他の著作を、以降私が手に取るチャンスがあるでしょうか。
ちょっと微妙です。
エンターテイメント性の高い小説家に与えられる直木賞。
そのことも、少しですが理解できたような気がしました。

aqsm6.jpg

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント