2017/06/06

Post

        

支笏湖 美笛キャンプ場 ①

category - 犬連れキャンプ
2017/ 06/ 06
                 
憧れのキャンプ場、支笏湖は美笛キャンプ場に行ってきました。

cbsi17.jpg





二日続けて晴れの予報になったので~キャンプにGO!です。
本当は、水~木で行きたかったんだけど、天候のため火~水に。
火曜の午前中はグリママがテニスのレッスンなので、出発はシャワー浴びて昼食取ってすぐに。
しかも、運悪く正午からエレベーターの定期点検だった!
絶対12時前に出ないと、犬2匹と荷物持って8階から階段を下りるはめになるから(笑
急いだわ~。

我が家のキャンプの主たる目的は、焼肉すること!
で、どんなお肉を用意しようかと考えてたら、グリッパがね
『トリッパでホルモン買っていく!』と言い出した。
しかしあーた、我が家から川下のトリッパ経由で支笏湖に行くのは、かなりのタイムロスですよ?
そんなことはどうでもいいらしい。
ともかく、トリッパで好きなホルモンを入手したいんですと(笑

で、グリママは先日テレビでやってた「しこつ湖鶴雅リゾートスパ水のうた」のスイーツショップ、パティシエ・ラボのケーキを買ってみたい!

というわけで、トリッパ→水のうた→美笛キャンプ場、約3時間のドライブとなりました。

ナビでは2時間の道のりだったけどね
休憩で停車した、支笏湖温泉手前の展望台で、事故ったバイク男子に声をかけられた。

カイくん抱っこして車から降りたら
「ばんそうこう的なもの、ないですか?」って。
カーブで転んだそうで、右半身が擦過傷で流血。
お洋服も破けちゃってて、お気の毒な様子。
やけに明るい日ハムの大島クンぽい感じの男子でした。

キャンプ用の救急キットから、マキロンだして消毒し、あるだけのカットバンで傷を保護してあげた。
飲み物あるか?って聞いたら無いというので、1本だけ入ってたノンアル(ジンジャーエール)を渡しました。
燃料タンクからガソリンが漏れてるとかで、自分はタクシーで、愛車はレッカーが取りに来るとか。

小指を突き出して
「これ、完全に折れてますよね~」とかいうけど、わからん(苦笑

本当は、支笏湖の名前が彫られたベンチをバックにりくカイと記念撮影の予定だったけど
結局カイくんのうんPを処理してだけで、バイク男子にお別れして出発しました。

とりあえず撮った支笏湖 ↓

cbsi29.jpg

湖畔の温泉街で「水のうた」に寄ります。
エントランスでお迎え役のマネージャーに宿泊客ではなくケーキを買いに来たって言ったら、車は上の道路に停めてくださいとのこと。私だけ車から降りて買いにに行きました。
久しぶりで湖畔に寄ったけど、ずいぶん変わりましたね。
大きな温泉リゾートが出来て、平日の午後なのに人出も多くて賑わっていました。

cbsi21.jpg

湖畔向きにある、パティシエ・ラボ。
cbsi23.jpg

写真撮影の許可をもらって、ケース撮影。
「たるまえ山シュー」と「しこつ湖」をチョイス。
テント建てたら、お茶しようっと☆

cbsi26.jpg


ここから、30分ちょいで、美笛キャンプ場到着。
入場ゲートで一泊&デイキャン合計3000円(2名分)を支払います。

火曜日だから、誰もいなかったら怖いな~って思ってたけど
杞憂だったよ!!
けっこうなテントの数でびっくり。
人気なんだねぇ。

ちょっと迷ったけど、今回は湖畔の砂浜ではなく、木陰のサイトに設営。
(のちのち、先週末の雨のせいかじめっと泥っぽくて、カイくんの足がどろどろで困った。
ってか、ケリケリするからさ。)

cbsi15.jpg

一泊で二人だけなので、今回はKAMABOKOにしました。
しかし、いまだに上手に格好良く張れない。
だらっとしちゃう。
荷物も、使わないと思われるものは全部置いて、コンパクトキャンプを目指しました。


眺めが素晴らしい。
最高な気分でした!
火曜日の到着時は、晴れていたので特にキレイ。

cbsi17.jpg

風不死岳。

cbsi18.jpg

いつも札幌から見えてる恵庭岳。

cbsi19.jpg

1時間半くらいでテント建てて、グリッパは炭熾し。
グリママは、りくカイのごはんを用意。
センターハウスに電子レンジがあるので、りくカイのごはん温めは、レンチン。
らくちん~(笑
いつもは、フライパンであっためてるから。
洗い物が少なくて済みますね。

炭が、なぜかなかなか熾きなくて、結局焼肉開始は18時半くらいでした。
もうお腹空いて我慢できなくて、デザートのシュークリームをがっついてしまったグリママでした。

だから焼き始めたら、写真撮るのも忘れてた(笑
今回は、黄金塩・味噌ホルモン、牛ミノ、パワフルシンタン、ラム、サガリ。
写真は、パワフルシンタンです。
これ美味しかった。リピ決定~

cbsi4.jpg

キノコのホイル焼き。
百均のパウンド型にいろんなきのこを詰めてバターを乗せホイルでふたをします。
全部をホイルでくるむより食べやすくてよかったです。

cbsi5.jpg

アスパラも。

cbsi13.jpg

焼肉終了後は、紅茶を淹れてデザート。
たるまえ山シューは、サクサクカリカリのシュー生地が香ばしくて、オレンジの風味のカスタードが美味しかったです。

cbsi12.jpg


しこつ湖は、よく考えれば形の変わったシュークリームと言えなくもない。
シュー生地のカップに苺をしのばせたカスタードクリームを満たして、表面をキャラメリゼしてあるんです。
甘くて美味しかったよ。

cbsi11.jpg

なんだかんだで22時半頃、寝る準備。
テント生活は、何をするにも時間がかかるね。
それがいいんだけど。
結局グリママが眠りについたのは23時半頃でした。


美笛のトイレ、洗い場、ゴミ集積場、センターハウスなどの設備は、どこも清潔で使いやすくてよかったです。
季節的に虫が少なかったこともストレスがなかったです。
ただし、やはり夜と朝は寒かったです。
上着の用意はしていきましたが、電源もストーブもないので、炭を使ってないとテントの中も寒い。

夜寝るとき、グリッパが石あんかを作ってくれました。
場内で拾った大き目な石を、炭で加熱しておきました。
厚手の綿生地のエプロンで巻いて、寝袋の下にいれてくれたの。
ちょっとのことだけど、とても暖かかった!

※石によっては、破裂のおそれもあるので、充分に注意してくださいね。
ってか、良い子は絶対に真似しないでね。

翌朝も、まだ保温状態だったよ~

cbsi65.jpg



りくカイの写真、なかった(笑
②には、たくさんあるので乞うご期待!
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント