2016/09/04

Post

        

黒パグ達とグルキャン~日高沙流川オートキャンプ場③

category - 犬連れキャンプ
2016/ 09/ 04
                 
おっはよーございまーす!
三日目の朝がきました。

りっくんは、なぜかお寝坊です。

昨夜の霧雨が、少し残っているような。
5時半頃、トイレにいくときにはまだ、雨粒が時々顔に当たっていました。

2016_0904sarurct0020.jpg

Cサイトの奥にある、ペット不可のBサイトも、テントがいっぱい。

2016_0904sarurct0014.jpg

りっくんの、朝散歩。

2016_0904sarurct0019.jpg

6時。
めかポコの朝ごはんも散歩も済ませた二人、朝風呂へ行きました。
今日も託児係はグリッパです。
鹿ベンチで、3パグの面倒を見ながら、炭の世話もね(笑

2016_0904sarurct0024sm.jpg

写真向かって左がポコリン。
ママが出かけた方向を凝視しています。
そして、向かって右のめかぶ。
テント内で吠えてる犬のいる方を向いてます。

2016_0904sarurct0023sm.jpg

お風呂から帰って、おやつをあげているティコリン。
りっくんももらっちゃいました。
ごちそうさまでした!

2016_0904sarurct0029sm.jpg

7時過ぎ、朝ごはんですよ~
ティコリンお勧めの「苫小牧わんじゃ」のピリ辛ホルモンで作る焼きうどん。

2016_0904sarurct0025.jpg

野菜も入れて。ホルモンが旨かった。

2016_0904sarurct0031.jpg

ボンボンヌで買って行ったパンをあぶって、昨日の残りの鶏のトマト煮も食べて頂きました。

2016_0904sarurct0033.jpg

そして、やっとこ登場!
燻製の玉子とチーズ。
そうね、たとえれば「玉子とチーズ~軽いスモークで~」とでもいった感じ?
だけど、これがまた、美味しいの。

2016_0904sarurct0035.jpg

昨日の夕方から、みんなが頑張って燻製にトライしていました。
たぶん、全員未経験だから!

ティコリンが用意してきた、燻製用の箱。
ちゃんと上部に、置台の網を挟んであるの。
桜のチップも。

2016_0905sarurco0112.jpg

土曜日の夕方から、いろいろ悩みながらトライしていましたが
チップの火がすぐに消えてしまって、煙が長続きしない。
これでいーのかなー、どーなのかなーと。
結局放置プレイの末、まだスモーク不足のようなので、翌朝のごはんまでにまたスモークし直そうということになったのです。

2016_0905sarurco0136.jpg

そして、朝。
もう一度チップに炭を入れて、燻製してみる。

2016_0904sarurct0027.jpg

前からちょっと思っていたんだけど、グリッパとめかママって似てるの!
スペック好きなところが(笑
ヨットパーカーをこよなく愛するところもね!

この日の衣装も、色味が同じだった二人。

2016_0904sarurct0028.jpg

燻製の件は、帰宅して検索してみたところ、やり方は間違っていなかった。
ただ、燻製の時間とか目安とかに自信がなかったんだよね。
初めての燻製だったから、しょうがないさ☆
でも、ティコリンのおかげで、なんか燻製に目覚めたかも。
またやってみたいと思います。
目指せ、スモークマスター(笑

遊んでるうちに、時間は8時過ぎ。
ぼちぼち片付け初めましょう。

2016_0904sarurct0040.jpg

お天気も、雲が切れて暑くなってきたよ!
とはいえ、気温は24℃くらいで、涼しかったです。
撤収作業中は、グリッパはスゴイ汗かきました。

2016_0904sarurct0041.jpg

撤収中、日陰で待たされている方々。
吠えもせず、じーっと待ってます。
みんな、イイコ。

2016_0904sarurct0042.jpg

ポコリーン!
「・・・」

2016_0904sarurct0043.jpg

別角度で。
めか、何が気になるのかなぁ?

2016_0904sarurct0044.jpg

10時半頃、撤収完了。
そのままドッグラン前の駐車場に移動して、11時くらいまでランで過ごす。
帰路につく前のリトル家も寄ってくれて、しばし談笑。

「最強の雨男」と渾名されるバル父。
昨年そして今季のキャンプはほぼ雨模様。
6月のマオイキャンプの時も、バルのお迎えのためやってきたバル父と共に雨が降り出した。
ご本人曰く「生まれる時代を間違えた」そうです。
大昔なら雨乞いの祈祷師として持て囃されたかもしれないそうだ(笑

そんなバル父の神通力も、キャンプ場のたっくさんのキャンパーには敵わなかったらしい。
寝ている時間に雨は降ったものの、晴れたものね。
バル父の「バルのエアー散歩事件」も楽しいエピソードとして忘れられないわ。
目撃できなかったのが残念です。


みんなとは、ここでお別れ。

私たちは、また「ひだか高原荘」でお風呂に入りました。
セコマでカップ蕎麦を買って、福山の駐車公園で食べ
牛小屋のアイスにやってきました。

日曜の午後だったし、すんごく混んでた~。

2016_0904sarurct0051.jpg

私は、日替わり混ぜ混ぜアイスを買う長い行列に並び
グリッパとりっくんには、ドッグランで待っててもらった。
アイスの写真、撮る暇もなく溶ける前に食べちゃった。

2016_0904sarurct0050.jpg

10歳のパグ氏に会ったよ!
クリン君♪

2016_0904sarurct0047.jpg

WANDERのブログでお見掛けしていたので、お名前聞いてわかりました。
とても可愛い子!
穏やかなパパさんママさんと一緒でした。
またどこかで会えるといいね~

2016_0904sarurct0049.jpg


15時前、帰宅。
荷物を部屋に上げて、洗濯して、片付けもの。

常温食品用のキャリーボックスに、りっくんがお名残り惜しそう(笑

2016_0904sarurct0053.jpg



台風一過、週末の沙流川キャンプ場は、たくさんのテントで賑わっていました。
このキャンプ場から、もう少し進んだところ千栄付近では沙流川にかかる橋が落橋し、集落が孤立しているとFBで知りました。
天災とはいえ生活もままならない人がいる、すぐそばで、遊興でキャンプしていることに
少なからず後ろめたさのようなものを感じます。

また、増水した泥の川のすぐ横でのキャンプにも、不安を感じないわけではありませんでした。

自分が楽しいひとときを過ごさせてもらった自然豊かな土地は、危険と隣り合わせでもあることを忘れてはいけないんだな、と感じています。

改めて、今夏の台風被害に遭われ命を失った方のご冥福を心からお祈りし、
今も避難されたり孤立した生活を送られている方の不自由に思いを致し、
一日も早く元の生活に戻れますよう、強く願っています。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント