2014/09/03

Post

        

静かな時間。

category - 日常生活
2014/ 09/ 03
                 
最初にグリを迎えたとき、グリだけだったので割と静かだった。
けれど1年後にネロを迎えたときには、若くて元気なパグが2匹になったものだから、とても賑やかになった。
当時はフルタイムで働いていたこともあり、夕方帰宅してからの時間は忙しかった。
当然、グリネロは「遊べ」「撫でれ」「ごはんくれ」「散歩に連れて行け」と、まーうるさかった。
パグ特有の野次馬根性で、別室で家事をする私のところへやってきては
「なにしてんの」「なんでココにひとりでいるの」「早くこっち来て」そう要求するんだもの。

本を読む私の足元で伏せて過ごす愛犬との静かな時間というものにあこがれを抱いていたのに
その憧れは、バリバリと音を立てて崩れたのだった(笑

そして時は流れ
今は預かり中のひよ吉153号だけ。

あのころ憧れた、静かな時間を私は手にした。
153号の要求は数少ない。
ごはんとトイレ散歩、それに清潔を保ついくつかのミッションを完了しておけば、彼は吠えることもなく1日が終わるのだ。
午後のひととき、昼寝するグリッパと153号に満足しながら(笑)
私の午後は静かに過ぎていく。

ahr1.jpg

153号が求めているのも、穏やかな暮らしだろうと思う。

ahr8.jpg


先週我が家に遊びにきてくれたお友達パグぶっこちゃんとぷぅすけ君の体調が芳しくないらしい。
高齢とはいえ、まだまだ元気で居てほしいよ。
点滴で、持ち直しますように。
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
No title
そうか・・・ウチもそうだなぁってチョット思いました。

先日、あんくるのパピー時代を知る人が訪れたのですが
あまりの静かさに『え・・・。ホントにくるみ?』と驚くほど。

高齢犬には高齢犬にしかない独特のカワイさがあって
高齢犬だからこその時間の流れもあるんですよね。

153号を迎えたいという希望があったみたいですね。
きっと、そのご家族も高齢犬の可愛さ魅力を
いっぱい体験してきたんでしょうね。

穏やかで、優しい時間が、いっぱいっぱいまだまだ
続きますように。
Re: No title
>じんべさん
ですよね!
昔はねぇ、あんくるちゃんもさぞかし賑やかだったことでしょう♪
その時代が過ぎ、いまや寝息しか聞こえなくなってしまった我が家です。
くるみちゃんも、とっても静かでは?
そう、シニアにはシニアならではの可愛さ・愛おしさがありますよね。

153号を希望してくださったご家族に面会して頂いたんですよ。
この先どうなるかは未知ですが、153号の元気なところも
ちょっとおじいちゃんなところも、愛して頂けたらと思っています。