2014/04/18

Post

        

神様、あとはよろしく。

category - 日常生活
2014/ 04/ 18
                 
何が切ないって
グリのときもそうだったけど
ゆうべはぐっすり寝てしまった。

朝5時に、パッチリと目が覚めた。

あぁ、そうだった、じぃじはもう起きないんだった。

7時前に、グリッパは153号の朝さんぽ。
朝ごはんも153号だけなので、余裕があるぅ。
じぃじのは、ウェットフードを団子にしたり、ふやかしドライフードを1粒ずつ口に運んだりだったからね。

ふと気付くと、153号がじぃじのそばに座ってた。
お別れしてたのかな?

2014_0418jfe0004b.jpg

昨夜は、まみちゃんとちわちわマダムがお悔やみに来てくれました。
有難いことです。


今朝は10時に霊園へ。
グリネロも旅立ったところです。
リトルさんも駆け付けてくださって、待ち時間を一緒に過してお骨拾いも手伝ってくれました。

じぃじ、神様が呼んでるから、迷わないでお帰りよ。

jl5b.jpg

グリネロも
じぃじも、旅立ちの日は晴れているのね。
この世での、お役目ごくろうさまでした。

jl8.jpg

帰宅したら、母がお昼ごはんのお弁当を作って来てくれていました。
もくもくと食べてしまった(笑

jl9.jpg

昨夜も、食事の支度をする気になれず、お花を買いに出たついでにお惣菜を買って来て済ませた。
霊園から帰ってきたら、どっと疲れがでて、もうなんにもする気になれない。

午後に、りんりんさんがちゃちゃからのプレゼントおお花などを届けてくださった。
りんりんさんが差し入れてくれたお寿司を夕食に頂きます。


パグ友さんからのお供えのお花が届いて、メッセージを読んだら涙が堰を切ってしまいました。
いつも、みなさま本当にありがとうございます。

2014_0418jfe0013b.jpg

ちょうど今週末は予定がないので、ゆっくり疲れを癒したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

じぃじちゃんがまさか…と昨日は号泣しておりました。
グリママさんの優しい文章でまた泣いております。
そして介護もお疲れ様でした。
ちゃんと最後まで面倒みることは簡単な事ではないと学びました。
でもじぃじちゃんの顔ったら笑顔で…幸せだったんだろうな、と思いまた号泣です。

グリママさん。
後からドッと色々な感情が出てくるかと思います。きっと複雑な感情も出てくるかと思います。
私はあまり上手に言葉を伝えることが苦手で、言葉が見つからないしでも伝えたいことがあり…私はじぃじを本当に最近知りこの間が初めてのコメントで…沢山の方が自分の子と重ねてじぃじを応援していたと思うし、逆にブログを見ている側がじぃじの姿に支えられてきたと思います。そしてグリママさんの介護に大切なことを教えられたと思います。
私は、グリママさんのブログを見ていて、一秒でも長く一緒にいられるならうちの子にもなんでもしたかった。だから、ブログを見ていてすごく心の中に色々なものを感じました。じぃじに出会え感謝しています。

沢山の命にグリママさんの様な家族との出会いがあること、いつか私もそのわずかな力になれたらと思います。これからもブログ覗かせて頂きます。
体調崩さないようにして下さい
Re: タイトルなし
>ボスどん飼い主さん
じぃじのために泣いてくださってどうもありがとう!
もう少し、みんなが覚悟する時間を作ってくれればいいのに、じぃじったら、あっという間に逝っちゃうだもんねぇ。
確かに、高齢の病気持ちの犬をお世話するのは、いろいろあるのですが
でもとってもじぃじが可愛かったので(笑)赤ちゃんのように思っていました。
夢中で過ごしていたせいか、もう余りよく覚えてないんです。
でも、充実して楽しかったですよ!

ボスどん達はまだまだ若くて元気だから、なかなかイメージわかないと思うんです。
高齢になったときのことなんか考えず、力いっぱい一緒に遊んであげてくださいねー!
Re: タイトルなし
>fleaさん
結局今までに、グリ・ネロとじぃじ3パグを見送ったのですが
ワンコはいつかは先に逝くとわかっていても、その別れは切ないですね。
病気で亡くなったグリ、突然死したネロに比べれば、じぃじに対しては本当にじっくり向かい合えたので、ある意味悔いがありません。
むしろ、目の前で卒倒して死んでしまったネロのことが、もう2年近く経つのに私の中では消化できていないような気がします。

じぃじをお世話するとき「力を惜しんで後悔することのないように」といつも自分を戒めていました。
少しでも長く一緒にいたいお気持ちもとってもよくわかります。
ネロに何もしてやれないまま喪ったことが、せめてじぃじには出来ることはすべてやってあげようと思う原動力になりました。

ですから、153号だけになってしまった今は、この子を大事にお世話していこうと思っています。
fleaさんにも、また良い出会いがあるといいですね。
もし良かったら、153号の様子をのぞいてやってください。

ありがとうございます☆