2014/04/11

Post

        

お薬増量。

category - 健康
2014/ 04/ 11
                 
朝3時半、じぃじに呼ばれて起きた。
排泄を済ませて寝せたが、まだ落ち着かないのでごはんをあげる。
夜も明けぬ4時にごはん食べる老パグ。
さすがに153号も寝ていて気付かない(笑

その後眠れなくなり、5時になってカーテンを開けて、あらびっくり!
吹雪いて真っ白~

2014_0411yuki0001b.jpg

4月も10日だってのに~
午前中外出したが、雪がちらつき、とても寒かった。
朝の散歩の153号も、とっとと帰ってきちゃったよ。

昨日所用で私と母が出かけたため、今日父の病院に行った。
父は機嫌よく元気。
少し熱があるのか、顔が赤かった。

帰りはいろいろ用事を足す。

途中、動物病院でじぃじのお薬だけ処方してもらう。
じぃじの呼吸が苦しそうなことを伝え、タンを切るお薬と気管拡張剤が増量された。
舌が白くなることがあるのだけど、朝晩2回くらい酸素を吸わせることを提案された。
酸素室のレンタルも考えたが、ひとまずドクターが教えてくれた方法で。
エリカラにビニール袋をかぶせ、酸素を充満させた中に5分ほどいてもらいます。
その首尾は、写真を撮ってアップしますね。
なので、病院からホームセンターへ行き、スポーツ用の酸素(615円)を買ってきました。
尿取りパッド買うために寄ったツルハでは、PBで497円だったので、今度からはツルハで買おうっと。

留守番の途中で、心配になった母から「じぃじ、大丈夫だよね?」というメールが入った(汗

2014_0411yuki0024b.jpg

153号は、元気。

2014_0411yuki0011b.jpg


大好きなおじたんと一緒に、転寝中~

2014_0411yuki0020b.jpg
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

初めまして
初めてコメントさせて頂きます。
最近フガレスの存在を知り、ブログを見たりし、じぃじのブログを拝見しました。元気でいて欲しいです。
私達夫婦は去年初めて赤ちゃんから育て我が子の存在だった15歳のパグを亡くしました。1年経ちやはり今だ踏ん切りもつかない毎日です。一度里親に希望したものの踏み出せずにただブログを見ていました。その中でグリママさんのブログを見てジィジの写真を見ていたら少し心が救われました。ずっとまだ何か出来たのではないか、私は諦めてしまったのではないか罪悪感ばかりでフガレスのワンちゃんの中でうちの子を探す気持ちで見ていたんだなぁって。
もう少し勇気が持てたら出来る一歩をと思いました。ありがとうございました。
ジィジにお礼が言いたく、グリママさんにコメントしたくなりメールしました
Re: 初めまして
>fleaさん
初めまして、コメントありがとうございます。
15歳でパグちゃん亡くされたんですね。
わが家もパピーから育てたグリネロが逝ってしまい、お気持ちお察しいたします。
じぃじもそうですが、もう分身のような存在ですよね。

グリネロを亡くしたあと、私も「もっとするべきことがあったのではないか、救える道があったのではないか」と苦しかったです。
きっと、みなさんがそういう思いを持ち続けるのではないでしょうか。

おっしゃるように、私がグリネロの死から立ち直れたのも、じぃじのおかげです。
じぃじには、人を癒すオーラがあるのかも知れませんね。

犬を飼うというのは、とても素晴らしいことだと思います。
ムリをされるのは良くありませんが、flerさんにもまた、人生を共にするワンコが現れるといいですね!

毎日毎日、じぃじがどうしたこうしたと、たったそれだけの内容で、正直読んでくださる方はつまらないだろうなぁと思っていたのですが、flerさんのお役に立てたならじぃじもとても喜んでいると思います。
こちらこそありがとうございました☆