2013/03/11

Post

        

改めて、祈ります。

category - 日常生活
2013/ 03/ 11
                 
3月11日です。
大地震・大津波、そして原発事故から2年が経ちました。
昨日からテレビでは特別番組が組まれています。

もう何度もテレビで見たから、ある意味、見慣れた感じのする被災地の様子。
でもやっぱり、改めて目にすると「あぁ、こんなにひどかったのか」と切なくなりました。

国や政府が復興をやっているからもう個人的には何もしなくていいんじゃないかと正直なところ思っていました。
だけどまだまだ全然進まない復旧・復興・除染。
難しいことは行政にお任せするとして、
私にも何かできることがないか考える必要はあると感じました。

それは、寄付だろうか?
物資の協力だろうか?
行き場を失った犬の里親になることだろうか?

普通の(あえて言います)家庭の主婦に、今できることはなんですか?
被災者の方に少しでも喜んでもらえることはなんですか?
特番を見て、胸を痛めたりそっと涙をぬぐうなんてことは
何の役にもたちゃしない。

何か、胸の中に焦燥感に似たもやもや。
このもやもやを、大事に温めて考えていくことしか、今の私には思いつきません。


2013_0310yr0002b.jpg



なにしろ残念だったのは
民主党から自民党に政権が移って、また原発再稼働が既定路線になりつつあること。
私たちは、デンキのある暮らし、夜でも煌々と明るい暮らし、
便利で冬暖かく、夏涼しい暮らしをやはり手放せないのでしょうか。

私も、ほんとうは新しいクリーンエネルギーに期待していた。
そういうエネルギーに、これから日本は挑戦してくれるんだって思ってた。

結局また、デンキが無ければ成り立たない、今の経済と暮らしの仕組みに飲み込まれてしまいそう。
ちょっとした無力感を感じています。





実家の集合煙突が折れたと、近所の方から連絡がきた。
うーむ。
やはり、壊れたか。
あうー。頭が痛いです。
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント