2012/09/13

Post

        

グリの日。

category - 日常生活
2012/ 09/ 13
                 
今日は13日。グリの日だ。


亡くなる一か月前くらいの、グリ。
ふわふわでほわほわで、可愛いったら!(笑

2012_0216hare0024b.jpg


グリとネロを見送って、いま思うこと。
ちょっとネガティブだけど、私の中にある感情のひとつなので、書きます。
でも心配しないで欲しいのです。
ちゃんと、前向きにグリネロの不在を受け止めているグリママもいますから!



亡くなった直後の自分は、ある種の興奮状態だったと思う。
グリが逝って半年、ネロを見送ってもうすぐ3ヶ月。
やっと最近、自分の心や、グリネロを見送った際のことを冷静に考えられるようになった。(と思う)

そして、どうしても、やりきれない気持ちというか、やはり責めを負っている気分は否めない。
できるだけのことはしたつもりだけど、それは自分が無知だから、できることの上限が低かっただけなんじゃないか、とどうしても思ってしまう。
本当は、もっと出来ることがあったのではないか、何かをしていれば、違う結果だったのではないか、と。

私は、もう犬を飼うことはできないかも知れない、と思う。

以前から、犬を亡くした人の口から「死んだときのことを考えると、もう飼いたくない」という言葉を聞くことが往々にしてあった。
行き場を失ったパグの存在を知っていた私にとって、それは酷な言葉であった。
犬を飼った経験のある人にこそ、その経験を活かして傷付いた犬の受け皿になって欲しい、と思っていたからだ。

けれど、それはなんと自分勝手な考えだったことだろう。
その気持ちを、真実にわかっていなかった。
もちろん、里親になってもらうときに、無理強いすることだけはしないように心掛けてきたつもりだ。。
でも、その以前飼っていて今飼っていない人への「期待感」というものは、かなりあったと思う。

今の私は、命を請け負うことが、とても辛い。
自分が本当に命を大切にしているのか自信がない。



グリを迎えてすぐ。
すやすやと眠っている小さな小さなグリを胸に抱いて、怖いような気持ちになったことを思い出す。
まさに、神様に預けられたグリを、大事にします、幸せにします、って思ったっけ。
ネロを迎えたときには、私、本当に「いい気」になってたんだなぁ。



そんなふうに、ちょっと切ない気分に支配されていたとき、見つけた漫画の中の言葉。

『人は人生の長さを競うために生きてるんじゃない』
『どんな人生を生きたか 何を遺せたか それこそが大事なんだと思うよ』
(by 神の雫)

はからずも、落涙…

この言葉で楽になれたわけではない。
ただ、グリとネロが私にくれたプレゼントの多さに、
ではいったい私はグリネロに何をしてやれたのだろうかと、また堂々巡りの闇。

だけど、私が思うよりもグリネロが長生きしなかったことを、いつまでも悔やんでいても仕方ないんだよね。
グリネロが私に遺してくれた思いや出会いを、大切にすることでしか、グリネロを供養する道はないんだよね。


グリのために、ひまわりを買った。
この優しい黄色が、とってもグリっぽかったから。

あたたかくて、おひさまみたいだった、グリでした。

2012_0913okm0010.jpg

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
お別れが来た時、あれもしてあげてたら、これもして
あげてたらって、悔いがたくさんに思ってしまうけど、
グリちゃんネロちゃんは、今お空の上から、パパママに
感謝していると思います。
楽しかったよ、愛してるよって…
No title
お久しぶりです。
私も、クッキーを失って1年半が過ぎました。
すると、あの時あんなにいっしょに暮らせた日々を
感謝していたのに、今では後悔ばかりしてしまいます。
もっとこうもしてあげたかった。もっとクッキーの気持ちを
わかってあげればよかった。あの時の私の判断が間違って
いたのでは・・・等々
いまだに、思い出しては涙する毎日です。

たしかに、またあの喪失感を味会うのは辛いです。
まるで私の周りから色彩が消えてしまったかの様な
日々でした。
でも、いつか環境が整えばクッキーによく似た子と
またあの優しい時間を過ごしたいと考えています。

でも、今新しい子を迎えたら甘々のどうしようも無い
飼い主になりそうです・・・・笑
Re: No title
>ちゃちゃきさん
お久しぶりですね。お変わりありませんか?
お宅のワンちゃん達も、様変わりしたかな?

もの言えぬ小さな動物だからこそ、わかってあげたいと思って過ごしてきましたが
やはり亡くしてみると後悔が先に立ちます。
グリネロのおかげで、亡くした人の気持ちも少しだけわかったような気がして、ありがたいなぁと思います。
Re: No title
>ありんこさん
ご無沙汰していますー。
まだまだ暑いですね。

一緒に過ごした日々を感謝しつつも、後悔の気持ちがやはりあるんです。
ありんこさんもなんですね。

我が家はまだじぃじがいますので、なんとか慰めてもらっている毎日です。
でも、クッキー君のように一匹飼いだと、いなくなっちゃうと本当に静かで寂しいでしょうね…
ブログには弱音めいたことを書きましたが、そうです、ありんこさん、またクッキー君のような可愛い子との出会いがありますように!

甘々の飼い主になっちゃいますかね?
おやつとかいーっぱいあげちゃうかな(笑
No title
グリママさん、お久しぶりです。
きっと、絶対に言えることは、グリネロちゃんが居たから
救われた仔も沢山居る。
ネロちゃんの様に、元気に死にたいと本気で思ってるよ。
正太くんとごん太がアレルギーじゃなかったら
グリママさんとも知りあっって無かったし、小豆ちゃんだって
今のようにしあわせな、老後を迎えられなかったしね。
なぜか解らないけど・・
涙がとまらない・・・グリネロちゃんとは逢えなかったけど
忘れないよ。
そうそう、ありえないと思ってたんだけど、飼い主放棄の
持ち込み頭か精神の病気の噛み付きチワワの女の子を
引き出したの。きっと私が最後まで引き受ける事になると思う
火曜日から家に来るんだけど、ごん太に負担が掛からない事
を願ってるんだけどな・・・ケセラセラです。
では、またね。




Re: No title
>ごんままさん
本当に、わんこのおかげでつながったご縁は多いのですよね。
まさにごんままさんとのご縁も不思議ですもんね。
グリネロには、こんな素敵なご縁をもらった、ありがとうって、いつも思います。

難しそうなチワワちゃんを引き出されたのですね。
一日も早く、チワワちゃんが癒えて、幸せになってもらいたいなぁ。
ごんままさんも、ごんちゃんがいて大変だと思いますが、ご自分の体もいたわりながら頑張ってくださいね。
応援しています!